ハラ薬局

浅草の歴史や文化も教えけれる、個性豊かな薬局

昭和25年創業。調剤がメインだが、なかなかお目にかかれない、めずらしい商品も販売している。まず、鹿児島に昔から伝わる万能薬「強力白紅」。肩こりや筋肉痛、熱冷ましや虫さされなど、あらゆる症状に使われている。都内ではハラ薬局が唯一の販売店だそうだ。北都製薬の「パスタノーゲン」は肩こりや腰痛はもちろん、ねんざや神経痛、打撲などに効果がある。トウガラシの優れた温熱成分により患部の血行を促進。プロのスポーツ選手にも愛用されているそうだ。和漢便秘薬の「百毒下し」は6つの生薬の働きで、やさしく自然なお通じを促す。便秘だけでなく、肌あれや吹き出物などの症状も緩和する。便秘に悩む女性におすすめだ。

店内には手描きのイラストがちらほら。店主の原悦雄さんは、YMCAマンガスクールの仲間でつくった、うふ漫画同人でも活動している。どこか懐かしく、ほほえましいイラストは、下町七夕まつりのポスターにも使われている。浅草芸能にも精通している原さん。調剤や商品だけではなく、浅草の歴史や文化もおしえてくれる、個性豊かな薬局だ。

ハラ薬局 – 調剤薬局 –

営業時間:平日9:40~19:00
日曜・祝日休(他不定休あり)
電話:03-3844-1082

〒111-0035
東京都台東区西浅草2-25-13 ハラビル1階
(2階/東洋治療院エトレ・エトレ接骨院)